エフルートについて

エフルートの中核事業はモバイルポータル検索サービスfroute.jp(エフルート)で、 利用者数は急拡大中です。 エフルートは、創業当初より、一貫してモバイルブロードバンドの世界を 見据えなからモバイルインターネットの世界を多くの人に役立つメディアとして 進化させるという方針でいろいろな事業を展開しています。

スポンサードリンク

エフルートの破産チェッカー

エフルートの破産チェッカーをご存知でしょうか? とても興味のあるネーミングですが、ちょっと、試してみるには 抵抗がありますね。変な結果がでるといやですから‥。 さて、エフルートの破産チェッカーは、名前や生年月日、居住地、職業などの プロフィールを入力するだけで、将来の破産の可能性が判定されます。 この破産チェッカーには、エフルート独自のデータベースと統計学が用いられ、 自社開発エンジン「ワータリタッツングエンジン」により生涯年収や生涯で使う金額を算出し、 破産の可能性を判定するというものらしいです。

スポンサードリンク

破産の定義

破産(はさん)は、債務者が経済的に破綻して、総債権者に対して債務を 完済することができない状態にあることをいう。また、そのような状態にある場合に、 裁判所が債務者の財産を包括的に管理・換価して、総債権者に公平に配分することを 目的として行われる法的手続を指すこともある。破産手続。 2004年(平成16年)6月2日に全面改正された破産法(平成16年法律第75号)が公布され、 翌2005年(平成17年)1月1日に施行された。

破産について

破産は、一般的には財産をすべて失うことを指す。法的には、債務者が その債務を完済することができない状態、または、そのような状態にある場合に、 債権者に対して財産を公平に配分することを目的として行われる手続(破産手続)を指す(広義の破産)。 債務者本人や債権者などの申立て権者が、裁判所に破産手続開始の申立てを行い、 裁判所が当該債務者に破産原因があると認める場合には、「破産手続開始の決定」を行う (狭義の破産)。従来、「破産手続開始の決定」は破産宣告と呼ばれていた。
なお、狭義の破産のうち、債務者自身の申立てにより破産手続開始決定を受ける場合を自己破産、 会社役員が自分の会社の破産手続開始の申し立てを行って破産手続開始決定を受ける場合を 準自己破産といい、債権者の申立てにより破産手続開始決定を受ける場合を債権者破産という。

エフルートについて

エフルートは、アクセス、ネットワーク、プロフィットの3つのエッジを柱に、 モバイルブロードバンド化の普及にあわせて、 今後はケータイがインターネットへのゲートウェイ・パーソナライズドメディアの 担い手として進化していけるよう魅力的なサービス拡充しています。
2007年
3月 froute.jp月間ユニークユーザー数200万人を突破
4月 focas match(コンテンツ連動型広告サービス)を開始
6月 エフルート株式会社へ社名変更