アディダスエナメルバッグ

アディダスエナメルバッグは、エナメル素材でできているバッグで、多くの 種類があります。アディダスエナメルバッグはショルダータイプで持ちやすく、 エナメルの光沢によりファッション性も演出しています。 アディダスといえば、ジャージ、スニーカー、シューズ、ゴルフなど スポーツ関連の多くのスポーツ用品を製造・販売していますが、 このサイトでは、アディダスのエナメルバッグについて紹介しています。

スポンサードリンク

アディダスとは

アディダスは、世界中で有名なスポーツ用品メーカーです。 アディダスが、サッカー代表のユニフォームを提供していることはご存知ですよね。 ところで、あの良く知られたアディダスのロゴマークに使い分けが あるのですが、わかりますか。
三本線のロゴは、スポーツブランド、
楓の形のロゴは、ファッションブランド
というように使い分けているようです。

アディダスの歴史

アディダスの歴史についてですが、1920年にダスラー兄弟が靴製造会社を設立しますが、 1948年、ルドルフ、アドルフの兄弟の意見の対立により、「ダスラー兄弟商会」を解消し、 アドルフがアディダス社を設立します。 アディダスの名前の由来は、アドルフの愛称であるアディと ダスラー兄弟のダスラーをつなげたものだったのです。 兄のルドルフは、後にプーマ社となる、RUDE社を設立しています。 現在では、どちらも有名なスポーツ用品メーカーですよね。

スポンサードリンク

アディダスの特徴

cアディダスは、ファッショナブルなスポーツ用品を提案してくれる ファッションリーダーとしての一面もあります。 以前、アディダスのバッグやペンケース、下敷きなどが非常に人気になって アディダスのグッズの所有することがおしゃれの象徴になっていました。 これは、とりもなおさず、アディダスのデザイン性と機能性の高さによるものですね。

アディダスエナメルバッグ

アディダスエナメルバッグは、使い勝手に重点がおかれ、 内ポケットが工夫されています。 デザインも男女を問わず、幅広い世代で使えるようなデザインばかりです。 アディダスエナメルバッグは、光沢感があるのでどちらというと 若者向けに思われるかもしれませんが、このように広く支持を得られる バッグを製造できるメーカーはそうありませんし、アディダスエナメルバッグは、 価格に関しても、五千円前後なので、購入しやすい点も人気のポイントかもしれません。

エナメル、エナメルバッグとは

エナメルとは、英語のenamelに由来していて、一般的には、 陶磁器の釉薬のことをこのように呼びますが、日本では、金属表面をこれと 同等の材料で加工したもの(琺瑯や七宝焼き)を指します。さらに、 エナメル塗料のことをこのように呼ぶことがあって、皮製品などに使って、 光沢をだしています。したがって、エナメルバッグとは、布やナイロンに エナメル塗料を塗ることで、光沢を出して、さらに防水性を高めているバッグとい うことになります。防水性という点では、レインブーツ、靴、パンプスなどにも 有効ですね。エナメルバッグは、アディダスをはじめ、ナイキ、プーマ、 ミズノ、コンバース、アンブロなどのスポーツ・ブランドで販売されています。

アディダスの歴史

1920年 ドイツ・ニュルンベルク近郊で、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」を設立。
1948年 兄弟との意見対立により「ダスラー兄弟商会」を解消。アドルフはアディダス社を設立。
1970年 オールレザーのバスケットシューズ、「スーパースター」発表。
    スポーツ広告代理店ISLを電通と共同で設立し、スポーツをビジネス化した。
1986年 ホルスト・ダスラーが51歳の若さで病死。アディダスの経営は迷走を始める。
1990年 フランス人実業家ベルナール・タピが株式の過半を取得、経営権を握る。
1993年 フランス人実業家ロベール・ルイ・ドレフュスが経営権を握る。 アディダスは黒字化、復活を果たした。
1995年 フランクフルト証券取引所に上場。
1997年 ウインタースポーツ用品メーカー、サロモンを買収。
2005年 リーボック株を取得し、リーボックをグループに加える。

・アディダスグループの売上げは約100億ドル。
・ナイキの売上げはグループ推定で約137億ドル。