csアンテナについて

csアンテナは、スカイパーフェクTVを見るために必要なアンテナです。 そもそも、csとは通信衛星 (communications satellite)を略したのであり、 2つの通信衛星を使った多チャネルの放送です。190以上のチャンネルには いろいろなジャンルが含まれており、とても魅力的な放送といえます。

スポンサードリンク

csアンテナでスカイパーフェクTV

csアンテナでスカイパーフェクTVを見るメリットは、多チャンネルだけでは ありません。もともとスカイパーフェクTVはデジタル放送ですから、 画像にノイズやゴーストのない非常にきれいな映像やサウンドが楽しめます。 さらに、双方向サービスによって視聴者参加番組に参加することもできます。 スカイパーフェクTVをご覧になるには、csアンテナの他に スカイパーフェクTV用のチュナーが必要となります。 ただし、デジタルハイビジョン対応のチューナー内蔵HDDレコーダーなどを購入すれば、 110度CSチューナー機能(e2放送用)が付属しているので、 スカイパーフェクTVを見る事が出来ます。

スポンサードリンク

csアンテナの選択

csアンテナを選択する際に大切なことがあります。 それは、個人の住宅でスカイパーフェクTVを見るのか、 マンションなどの集合住宅で見るかによって、 csアンテナの取扱自体が変わってくるtことです。 集合住宅の場合にはcsアンテナは、 マンションに設置してあるcsアンテナを利用する形になりますから、 csアンテナを準備する必要はありません。 そうでない場合は、個人的にcsアンテナを用意する必要がありますが、 個人のアンテナでもマンションのcsアンテナでも、使用するチューナーと csアンテナの仕様が同一でないと、BSは見れませんし、cs放送も見られない場合があります。 もう1つ大切なことがあります。それは、110度CSチューナーでは cs放送専用のアンテナでは、受信できないので注意が必要です。 特にマンションのcsアンテナを利用した場合、cs専用のアンテナの場合がありますから、 チューナーを購入する場合は確認が必要になってきます。 地デジもBSも一緒に見たいと思われる人には、サービス利用可能であれば、スカイパーフェクTVの 「スカパー光!」と呼ばれるケーブルサービスがおすすめです。

csとは

通信衛星 (communications satellite)、および通信衛星による衛星放送のこと。 通信衛星は、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として 宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。

cs110

東経110度軌道上に打ち上げた通信衛星を利用して (株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズが行うCSデジタル衛星放送サービスのことです。 サービス名称は「e2 by スカパー!」 です。 cs110のチャンネルは、全て「e2 by スカパー!」のラインナップです。 ご覧になるにはe2 by スカパー!への加入が必要です。

衛星放送(放送衛星と通信衛星の違い)

放送と通信は本来は異なるもので、旧来は一般大衆向けを放送、限定者 (業者や企業などの認可団体)向けを通信として厳格に区別され、 それに用いる人工衛星もそれぞれ専用に別のものが使用されてきた。 従って直接放送衛星(DBS)による放送(衛星放送/BS放送)は、 特に放送用に設計された高出力な人工衛星を用いて行われ、 家庭の小型DBS用アンテナに向けて直接送信するものである。 放送衛星はKuバンドの周波数が高い方を用いることになっている。
1989年10月1日には放送法が改正され、それまでは特定の目的 (企業や業者向けの番組・プログラムを送信)以外には禁止されていた 通信衛星を利用した直接放送(CS放送)が可能になった。 1996年にはCSデジタルプラットフォーム事業者「パーフェクTV!」 (現スカイパーフェクTV!)がCSデジタル放送事業を開始している。

cs『tbsチャンネル』

cs『tbsチャンネル』では、全国のケーブルテレビ局、SKYPerfecTV!(スカパー!) などで放送されている番組情報を「今月のイチオシ!」として、 おすすめ番組をピックアップして毎月紹介。利用者は、ご自宅のテレビから24時間いつでも、 リモコンひとつで最新情報をチェックできます。