アバクロについて

アバクロとは、1892年にデイビット・T・アバクロンビーが、 ニューヨークでスポーツショップとして創業しました。 Aoercrombie&Fitchのロゴが入ったTシャツが有名ですが、 入荷すると即完売してしまうので、なかなか入手できないようです。 特に日本人向けの少し小さめのサイズは入手困難な状態です。 アバクロの水着や香水、ポロシャツも注目されいますが、このサイトでは アバクロのパーカー、アバクロの特徴などについて紹介しています。



楽天ランキング入賞!代引き決済5,000円以上で10%OFF!ポイント10倍1月21日9:59まで!★アバ...



楽天ランキング入賞!代引き決済5,000円以上で10%OFF!ポイント10倍1月21日9:59まで!★アバ...


アバクロのフルジップパーカー



楽天ランキング入賞!代引き決済5,000円以上で10%OFF!ポイント10倍1月21日9:59まで!★アバ...
今年の秋冬の大本命のフルジップパーカーを入荷しました。
おなじみのアバクロウォッシュを取り入れ、上手くヴィンテージ感を出しています。
胸のロゴも分厚く立体感があり、あったかくてフワフワしてます。
着回しのきくシンプルなデザインですので、色んなシーンに活躍できますね。
ヴィンテージの効いた人気のフルジップパーカー。
この機会に是非ともお買い求め下さい。


アバクロの歴史

1892年にデイビット・T・アバクロンビーが、ニューヨークでスポーツショップとして創業。 創業当初は、キャンプ・狩猟といったアウトドア関連用品を高品質な商品として提供していましたが、 1900年に顧客だったエズラ・フィッチが経営に参加し、 1904年からアバクロンビー&フィッチとなっています。
アバクロ独自のアバロンウォッシュと呼ばれる加工方法によって適度なダメージが施されていて、 そのほつれや破れなどの古着っぽさを売りにしているアメリカのアパレルブランドです。 以前より、日本への出店計画がありますが、2009年の冬に銀座へ出店する計画があるようです。
1892年に創業して以来、100年以上の歴史をもつアバクロには、いくつかの人気の秘密が あります。それは、世界最大といわれるムースというシカをトレードマークとしていること、 そして、1970年代の映画やドラマに出てくるような古着風に仕立てた技術です。 また、素材自体、とても丈夫なものを使っていることも特徴です。 写真家のブルース・ウェーバーによるカタログ撮影などで、2004年から2005年にかけて、 アバクロは大ブレイクしたことは記憶に新しいところです。
ブラッド・ピットやベッカム、ブリトニー・スピアーズ、日本では、 SMAPの木村拓哉さんやダウンタウンの浜田雅功さん、 浜崎あゆみさんといった大スターたちが愛用していることでますます その評判が広がっています。

スポンサードリンク

アバクロの偽物?

日本には、直営のショップがないので、インターネットなどで 輸入品を販売するという、いわゆる通販の形態となっていますが、 アバクロのあまりの人気ゆえに、アバクロの偽物も多く出回っているという噂です。 アバクロのパーカーを購入する場合に、それが、本物なのか偽物なのかを 見分ける方法があるのかどうかわかりませんが、ネットで購入するには ちょっと考えてしまいます。
プリントのインクの匂いや生地の違いで見分けることもできるそうですが、 余程、目の肥えた人でないと難しいと思います。 個人的には、アバクロのuvパーカーや半袖パーカーに興味がありますが、 入手が困難な上に偽物まで出回っている状況では購入は難しいですね。 アバクロのtシャツとかであれば、ハワイやグアムで購入できるかな、 格安旅行でも探してからの話ですね。

アバクロについて(1)

アバクロは、元々は男性向きの無骨な商品がメインであり、 ヘミングウェーもよくここで釣り道具を購入していた。 当時は客の85パーセントが男性で、残りも男性客についてきた女性客であり、 女性が1人ではいる店ではなかった。
しかし、1988年にリミテッド社(現リミテッド・ブランズ社)により買収され、 1992年にマイケル・ジェフリーズをCEOに迎えてからは方針を一変させ、 20代前半をターゲットにしたヴィンテージ風カジュアルブランドに変身。 カジュアルながらも、健康的なセクシーさがある体にフィットするデザインが人気。 このカジュアルファッションブランドへと変わったのが1992年であり、 創業が1892年でもあるので、アバクロンビー(KIDS) の洋服には92というロゴが多く入っている。 アメリカでは350店舗以上を展開しているが、海外展開にはこれまで消極的。

アバクロについて(2)

アバクロンビー&フィッチ社は、1996年にリミテッド社からスピンオフされ、 現在はニューヨーク証券取引所( NYSE: ANF)に上場している。 本社は、オハイオ州ニューアルバニー。米国では、アバクロンビー&フィッチ 359店、 アバクロンビー 202店、ホリスター 444店、ルールナンバー925 21店を運営している (2007年12月末)。米国外では、カナダでアバクロンビー&フィッチとアバクロンビーを各3店、 イギリスのロンドンにアバクロンビー&フィッチを1店を開設している。 2009年の冬に日本の銀座への出店計画がある。